耐圧性能点検報告

耐圧性能点検とは

設置後一定期間を経過した「連結送水管」「屋内外消火栓等消防用ホース」はその機能に支障が無いかを確認し、消防署長等へ報告する事が消防法で義務付けられています。

対象および点検時期

建物の用途や大きさに関わらず設置後10年以上経過した
「連結送水管」「屋内外消火栓等消防用ホース」が点検の対象となります。
その後は3年毎に点検と報告が必要です。

連結送水管耐圧性能試験方法(湿式配管)

送水口から動力消防ポンプなどの試験機器を用いて送水・加圧した後、一定圧を3分間保持した状態で送水口本体・配管・接続部分・弁類の変形、漏水などがないことを確認します。

連結送水管耐圧性能試験方法(湿式配管)

▲ ページ先頭へ戻る