リニューアルの必要性

防災設備はさまざまな要因からリニューアルの必要性が生じてきます。

防災設備は、経年劣化や消防法の改正など複数の要因からリニューアルの必要性が生じてきます。いざという時のために、設置後一定期間を経過した設備は最新設備へのリニューアル(交換)を是非ご検討ください。

要因1物理的寿命
防災設備も一般的な電子機器と同様に寿命があります。長年使用することによって構成部品そのものが徐々に劣化し、機能が低下していきます。定期点検時の部分的な修復で、全体の経年劣化を防ぐには限界があります。
要因2保守対応の限界
部品寿命や故障などの際に使用する「補修部品」は供給期間に限界があります。特に半導体をはじめとした電子部品は製品更新サイクルが早く、部品メーカーからの入手が著しく困難になる場合があります。補修部品の供給期間を超えた製品では、故障時の対応に支障がでる場合が生じてきます。
要因3法的・社会的寿命
大きな事故などを教訓として防災設備へ要求される機能が改正され、建物を改修する際に現行法令に適合する機器へのリニューアルが「法令上」求められる場合や、「型式失効」により交換義務が生じる場合があります。

経年劣化曲線

防災設備は6カ月ごとに法定点検を行うため、経年と共にノコギリ歯のような劣化傾向を示します。

経年劣化曲線グラフ

※P型受信機の例

経年劣化の例

防災設備は6カ月ごとに法定点検を行うため、経年と共にノコギリ歯のような劣化傾向を示します。

経年劣化の例 このまま放置しておくと…システムダウン・非火災報(誤報)・失報(火災時に作動しない)の恐れ

▲ ページ先頭へ戻る