リニューアル時期の目安

自動火災報知設備

受信機の更新目安は15年~20年です。

受信機の更新目安

自動火災報知設備の交換を推奨するおおよその期間について
主要機器 寿命部品
受信機(電子機器部品を多用していないもの) 20年 スイッチング電源 5年
受信機 15年 無停電電源装置(UPS)本体 6年
発信機 20年 ニッケルカドミウム蓄電池 5年
煙感知器 10年 シール鉛蓄電池(UPS用を含む) 3年
熱感知器 15年 CRTディスプレイ 4年
熱感知器(半導体式) 10年 LCD(液晶)ディスプレイ 5年
地区音響装置 20年 ELディスプレイ 5年
消火器 10年 ハードディスク 4年
ガス漏れ検知器  5年 フロッピーディスクドライブ 5年
非常警報設備 15年 冷却ファン(UPS用を含む) 3年
    プリンター 5年

【参考】(社)日本火災報知機工業会資料

注1 上記は交換を推奨するおおよその期間であり、この間の電気部品・ユニット、および防災設備などの機能・性能を保証するものではありません。

消火設備

消火設備構成機器の更新目安は17年~20年です。

消火設備構成機器の更新目安

消火設備の交換を推奨するおおよその期間について
水・泡系消火設備 ガス系消火設備
閉鎖型スプリンクラーヘッド
注1
18~20年 貯蔵容器、容器弁
注3
18~20年
感知用ヘッド
注1
8~10年 容器弁開放器   18~20年
泡消火薬剤(水成膜)
注1
8~10年 圧力計   8~10年
送水口
注2
18~20年 起動用ガス容器、容器弁
注3
18~20年
消火栓開閉弁
注2
18~20年 選択弁
注2
18~20年
泡消火薬剤貯蔵槽
注2
18~20年 配管安全装置   18~20年
フォームヘッド   17~20年 閉止弁
注2
18~20年
一斉開放弁
注2
17~20年 手動起動装置   13~15年
流水検知装置(湿式)
注2
18~20年 連結管(フレキ)   18~20年
ポンプ
注2
18~20年 放出表示灯   18~20年
ポンプ制御盤   18~20年 制御盤(電子式)   13~15年
ジョッキポンプ(補助加圧装置)
注2
18~20年 噴射ヘッド   18~20年
炭素鋼鋼管(白)   20~25年      
注1 状況によってサンプリング調査を伴います。
注2 状況によってオーバーホールを伴います。オーバーホールの時期は設置後おおよそ10年毎を目安にしますが、
その期間および方法などについては当社にお問い合わせください。
注3 高圧ガス保安法に基づく容器再検査に合格すれば、容器は継続使用も可能です。

関係機関による資料

※クリックすると拡大して表示します。

既設の自動火災報知設備機器の更新について(PDF216KB)   自動火災報知設備・総合操作盤の適正な維持管理について(PDF321KB)   消火設備維持管理について(PDF304KB)
既設の自動火災報知設備機器の
更新について
  自動火災報知設備・総合操作盤の
適正な維持管理について
  消火設備維持管理について
▲ ページ先頭へ戻る