赤外線式(耐圧防爆型)

赤外線2波長式炎検知器(耐圧防爆型)FLAME EYE(1RB1-EW)

  • 仕様・機器図
  • カタログ

本検知器は、炎から発せられる赤外線を検知する炎センサです。

特長

構造を耐圧防爆型にして防爆エリアへの設置を可能としました。
異なる2つの波長帯を監視する2波長式により非火災報を大幅に減らすことができます。
粉塵や油が浮遊するような環境にも設置することができます。
監視窓の汚れや内部回路の異常を自動監視する自己診断機能付きです。

主な設置場所

・塗装工程ライン、工場などの生産ラインなど (シンナー等の溶剤に引火し発火、爆発の危険性がある場所)

設置例(工場の塗装行程ラインの場合)

炎検知器の特徴

炎検知器は、炎から発せられる様々な波長を捉えるため、離れた場所や横方向・斜め方向などからでも火災を検知できる特長があります。
また、太陽光や高温熱源から発せられる波長(下図を参照)を区別し、炎の特有な特徴を捉えて火災の判断を行います。

検知波長の違い

検知波長特長
紫外線を
検知する方式
・炎から放射される紫外線を検知します。
・感度が非常に敏感で早い検知速度を可能とできる方式です。
・非火災報を引き起こしやすい対象があります。(対象例:紫外線灯、ハロゲン灯、殺菌灯)
・炎検知器の検知部の汚れや空気中の粉塵、ガス等の設置環境により感度低下の影響がある方式です。
赤外線を
検知する方式
・炎から放射される赤外線を検知します。
・赤外線の波長帯中で2種類の異なる波長(4.0μmと4.4μm)を検知し、炎特有のゆらぎ(1~10Hz)と組み合わせて監視することで高温熱源等による非火災報を減らすことができます。
・炎検知器の検知部の汚れや空気中の粉塵、ガス等の設置環境による感度低下の影響が少ない方式です。

製品毎の検知波長の種類

炎検知器の種類によって、検知する波長が異なります。

炎検知器名称検知する波長種類検知波長帯目的
2VA1-P(3)紫外線検知速度を重視
2RA3-PF赤外線②・③汚れが想定される場所
1RB1-EW赤外線②・③防爆エリアや汚れが想定される場所
2RVA1-W赤外線①・②・③非火災報の低減を重視

※検知波長帯①、②、③は下図を参考にして下さい。

製品毎の検知波長の種類

▲ ページ先頭へ戻る

仕様・機器図

製品記号名称仕様・機器図
1RB1-EW 防爆型赤外線式炎検知器 Flame Eye EX (遠隔試験機能付) 詳細へ
1RB1-EW-Q 防爆型赤外線式炎検知器 Flame Eye EX (遠隔試験機能付) 詳細へ

▲ ページ先頭へ戻る

カタログ

お問い合わせ

製品の仕様、リニューアルお見積のご用命など、お気軽にご相談ください。

WEBフォーム

ご質問・ご相談の内容によりフォームを選択してください。

  • 製品の仕様 お問い合わせ
  • メンテナンスご相談
  • リニューアルご相談
  • カタログ請求
  • その他お問い合わせ

お電話

お電話によるご質問・ご相談は最寄りの営業店で承ります。
国内営業拠点
▲ ページ先頭へ戻る