NITTAN総合カタログ2021
230/340

スプリンクラー設備229消火設備参考資料229229設備概要スプリンクラー設備湿式スプリンクラー設備■ 系統図湿式スプリンクラー設備は、火災の熱により開放した閉鎖型スプリンクラーヘッドから放水し、火災を抑制・消火する設備です。特徴閉鎖型スプリンクラーヘッドの開放と同時に放水する最もシンプルなスプリンクラー設備です。構成本設備は消火ポンプ・閉鎖型スプリンクラーヘッド・補助散水栓・流水検知装置・末端試験弁・配管などにより構成されます。消防法上スプリンクラー設備には自動警報装置を設ける必要があります。自動警報装置は発信部および受信部により構成され、発信部は流水検知装置、受信部は一般的に受信機(系統毎に放水を知らせる表示窓)となります。なお自動火災報知設備を用いない場合は、スプリンクラー設備警報盤を防災センター等に、音響警報装置を放水区域に設けます。動作火災が発生すると、火災の熱により開放した閉鎖型スプリンクラーヘッドから直ちに放水が始まり、流水検知装置の作動により受信機にて表示・警報を行います。さらに配管内圧力が減少して消火ポンプが自動起動し、開放したヘッドから放水が続き火災を抑制・消火します。なお、スプリンクラー設備警報盤を設けた場合には、同盤で表示・警報を行います。■ 動作フロー他系統へ加圧水配管流水信号→消火水槽減水・呼水槽減水・ポンプ起動→防護空間警報装置警報盤補助散水栓スプリンクラー設備警報盤を使用する場合消火ポンプ湿式流水検知装置閉鎖型スプリンクラーヘッド閉鎖型スプリンクラーヘッド閉鎖型スプリンクラーヘッド警報装置受信機末端試験弁閉鎖型スプリンクラーヘッド開放・放水開始補助散水栓手動弁開・放水開始流水検知装置二次側配管流水・減圧流水検知装置一次側配管減圧流水検知装置開放消火ポンプ起動流水信号ポンプ運転信号受信機閉鎖型スプリンクラーヘッド放水継続補助散水栓放水継続表示警報消  火火 災 発 生p241p237~p237~p237~p260p249

元のページ  ../index.html#230

このブックを見る