NITTAN総合カタログ2021
262/340

261連結送水管設備概要連結送水管連結送水管連結送水管は消防法上、屋内消火栓などの(初期)消火設備ではなく、「消火活動上必要な施設」です。特徴連結送水管には乾式と湿式があり、地上11階以上で高さ70mを超える建築物は消防法施行規則で湿式が規定されています。これ以下の建築物でも凍結の恐れがある場合を除いて湿式が望ましく、各自治体で湿式が基準化されている場合もあります。構成本設備は地上に設ける送水口、3~10階に設ける放水口、11階以上に設ける二段高層用放水口と配管、さらに必要に応じて設けるブースターポンプから構成されます。放水口は箱内にバルブを収納した機器、二段高層用放水口はボックス内に2組の消防用ホースとバルブ、1本の消防ノズルを収納した機器です。動作火災現場に到着した消防隊が放水口に消防用ホースを接続し、消防ポンプ自動車を使って送水口から送水しながら消火活動を行います。ブースターポンプの起動は送水口近くか防災センター等に設けた起動押ボタンの操作によります。付加条例なお、本設備は公設消防が使用することから市町村毎に付加条例が定められていることが多く、その場合はそれに従って設置しなければなりません。■ 系統図■ 動作フロー上層階へ消火ポンプ受信機消火栓始動装置表示灯→12階以上11階4~10階3階1階起動押ボタン二段高層階用放水口(表示灯付)二段高層階用放水口(表示灯付)放水口放水口送水口ホース接続・送水↑ポンプ起動制御表示警報消  火火 災 発 生送水口火災階10階以下消防車のノズル・ホースを準備ノズル放水消防車送水受信機消火栓始動装置ポンプ運転信号火災信号起動ブースターポンプ起動起動押ボタン押す送水口火災階11階以上二段高層階用放水口設置のノズル・ホースを準備消防車到着消防車送水口にホース接続p262p262p262p262p262

元のページ  ../index.html#262

このブックを見る