NITTAN総合カタログ2021
271/340

特定駐車場用泡消火設備(アクアフォース)特定駐車場用泡消火設備は2014年にいわゆるルートBとして法制化された設備です。湿式方式(アクアフォース3)と湿式予作動方式(アクアフォース)があります。ここでは後者について説明しています。特徴一般的な泡消火設備に必要なフォームヘッド・感知用ヘッド・一斉開放弁の代わりに閉鎖型泡水溶液ヘッドを設け、手動起動装置を不要としたシンプルな構成です。開放したヘッドからのみ泡水溶液を放射するため、大量放射にならず、環境に優しいシステムです。泡消火設備に比べ点検の手間が少なく、維持・管理の負担を軽減します。さらに、湿式予作動方式のため、配管等の破損などによる事故が発生しても水損を最小限に抑えることができます。構成本設備は消火ポンプ・混合装置・流水検知装置・閉鎖型泡水溶液ヘッド・末端試験弁から構成されます。また、感知継手と開放型泡水溶液ヘッドを組み合わせて設置することができます。泡消火薬剤は1.5%型水成膜泡消火薬剤を用います。動作火災が発生すると感知器が作動して予作動式(湿式)流水検知装置が開放の準備状態となります。さらに火災の熱により閉鎖型泡水溶液ヘッドが開放すると、流水検知装置が開き消火ポンプが起動、混合装置で泡水溶液が作られて、ヘッドから泡水溶液が放射されます。※特定駐車場(床面から天井までの高さが10m以下の駐車場(多段式機械駐車場を含む))■ 系統図(湿式予作動方式)■ 動作フロー閉鎖型泡水溶液ヘッド開放・泡水溶液放射開始流水検知装置一次側配管減圧消火ポンプ起動流水信号流水信号ポンプ運転信号受信機表示警報消  火火 災 発 生放水区域毎の火災信号移信開放制御予作動式流水検知装置弁体開放準備感知器作動アクアフォース消火システム制御盤予作動式流水検知装置弁体開放閉鎖型泡水溶液ヘッド泡水溶液放射泡消火薬剤混合装置泡消火薬剤比例混合消火水槽減水・呼水槽減水・ポンプ起動→防護空間(特定駐車場)消火ポンプ警報装置末端試験弁加圧水配管泡消火薬剤混合装置加圧泡水溶液配管他系統へ多区画へ加圧泡水溶液配管予作動式(湿式)流水検知装置流水信号→二次圧減信号→受信機加圧泡水溶液配管アクアフォース消火システム制御盤←予作動弁起動閉鎖型泡水溶液ヘッド感知器感知継手開放型泡水溶液ヘッド補助加圧(ジョッキ)ポンプ270泡消火設備設備概要p274p274p273p273p273p274

元のページ  ../index.html#271

このブックを見る