NITTAN総合カタログ2021
272/340

271泡消火設備特定駐車場用泡消火設備(アクアフォース3)設備概要アクアフォース3は、2014年総務省令第23号で定められた「特定駐車場」用の消火設備です。湿式予作動方式のアクアフォースとは違い湿式方式となっています。なお本設備は、日本消防検定協会の特定機器評価(評消虎第32号)を受けた設備です。特徴一般的な泡消火設備に比べて一斉開放弁・感知ヘッド・手動起動装置などが無くなり、使用機器が少なくなっています。また従来のアクアフォースと違い、自火報設備等からの火災信号を必要とせず、一般的なスプリンクラー設備に近いシンプルな構成です。また、アクアフォースよりも消火ポンプの吐出量、水源水量の設計水量が少なく、泡消火薬剤混合装置も小さくなり、設備としてコンパクトになっています。火災時も開放したヘッドからのみ泡水溶液を放射するため、一般的な泡消火設備のような大量放射にならず環境に優しいシステムです。点検時の放射試験も不要のため、放射区域の養生、車の移動等の手間も少なくなります。流水検知装置は、昇圧対策をしているため、夏場など気温により昇圧した場合も圧力を逃し、配管の破損による漏水を防ぎます。構成消火ポンプ・泡消火薬剤混合装置・流水検知装置・閉鎖型泡水溶液ヘッド・末端試験弁から構成されます。また感知継手と開放型泡水溶液ヘッドを組み合わせて設置することでダクト等の散水障害を避けられます。泡消火薬剤は3%型水成膜泡消火薬剤を用います。動作火災が発生すると、火災箇所の閉鎖型泡水溶液ヘッド又は、感知継手が開放して流水検知装置が開くことで消火ポンプが減圧起動し、泡消火薬剤混合装置で泡水溶液が作られて、ヘッドより泡水溶液が放射されます。■ 系統図(湿式方式)■ 動作フロー閉鎖型泡水溶液ヘッド開放・泡水溶液放射開始流水検知装置一次側配管減圧消火ポンプ起動流水信号ポンプ運転信号受信機表示警報消  火火 災 発 生予作動式流水検知装置弁体開放閉鎖型泡水溶液ヘッド泡水溶液放射泡消火薬剤混合装置泡消火薬剤比例混合消火水槽減水・呼水槽減水・ポンプ起動→防護空間(特定駐車場)消火ポンプ警報装置末端試験弁加圧水配管泡消火薬剤混合装置加圧泡水溶液配管他系統へ多区画へ加圧泡水溶液配管湿式流水検知装置流水信号→受信機加圧泡水溶液配管閉鎖型泡水溶液ヘッド感知継手開放型泡水溶液ヘッド補助加圧(ジョッキ)ポンプp276p275p276p275p276

元のページ  ../index.html#272

このブックを見る