NITTAN総合カタログ2021
312/340

消火器311消火器消火器■ 消火器リサイクルシステム消火器の取り扱い及び解体処理には、専門的な知識と設備が必要になります。(一社)日本消火器工業会と会員メーカーが協力して消火器リサイクルシステムを構築しました。消火器リサイクルシステムは、各メーカーによる消火器の廃棄およびリサイクルの手続きや保管方法を一元管理し、適法に廃消火器を処理するシステムです。このシステムを利用するためには、リサイクルシールを購入して添付する必要があります。また、消火器には製品出荷時にリサイクルシールが貼付されて販売されます。■ 新規格適合消火器と旧規格適合消火器の関係  2011年1月1日から新規格への変更により、旧規格適合消火器は2012年1月1日に型式失効となりました。  特例として、新規格適合消火器への移行猶予期間は2021年12月31日までとなっています。■ 改正後の消火器点検基準  当社では、点検の負担軽減および安全性の観点から、蓄圧式消火器を取り扱っております。新規格適合消火器既存建物または施行時工事中の建物の特例2011年12月31日までに工事を開始する建物の特例2011年1月1日2012年1月1日2021年12月31日新規格適合消火器の型式失効はありません工事開始日旧規格省令適合消火器を設置し続けることができます旧規格省令適合消火器を設置し続けることができます併用開始可能日2012年1月1日2011年12月31日規格省令改正型式失効特例期限型式失効で設置不可製造からの経過年数1年2年3年4年5年6年7年8年9年10年11年12年13年14年15年外観点検外観点検のみ内部および機能点検(製造年から5年)耐圧性能点検(製造年から10年)外観点検外観点検のみ内部および機能点検(製造年から3年)耐圧性能点検(製造年から10年)蓄圧式消火器加圧式消火器半年ごとに全数5年で全数2.5年で全数3年に1回3年に1回半年ごとに全数5年で全数2.5年で全数3年に1回3年に1回

元のページ  ../index.html#312

このブックを見る