NITTAN総合カタログ2021
42/340

41R型受信機GR型受信機RXN-621 機能・特長★間仕切り変更でもデータ変更不要★一般感知器と混在可能前後同一警戒区域自動試験範囲同一警戒区域自動試験範囲感知器追加フレックスオートシステム感知器間仕切り追加前後警戒区域警戒区域自動試験範囲感知器交換Network between receiversグラフィックパネルなどLAN I/0RXN-5(既設)(※1)(※1)※1----既設受信機側にインターフェイスがある場合にのみ接続できます  NIF----ネットワークインターフェイスの略RXN-6(既設)RXN-621RXN-520Network 防災表示装置NIFNIFNIF防災表示装置RS232CRS232CRXN-621東棟西棟中央棟・・・感知器・・・非常ベルフレックスオートシステムは、ゾーン警戒において自動試験に対応できる優れたシステムです。既存配線をそのまま使用し、一般感知器との混在が可能なため、自動試験化を見込んだリニューアルが容易です。一般のシステムとアナログ式感知器システムの両方のメリットを兼ね備えたフレキシブルな対応力で、設計、運用、改修のあらゆるニーズに応え、さまざまな課題を解決します。工場、大学、病院、複合施設などの広域防災において、受信機、防災表示装置、接点入出力装置などをネットワーク接続し、建物ニーズに合った効率的で効果的なシステム構築を行うことができます。例えば建物が複数棟ある場合、各棟の受信機をネットワークで結び防災センターで一元管理することや、複数のオーナー様がいる場合、それぞれに受信機や防災表示装置を設置し、相互に詳細な情報を共有することが可能になります。1つの受信機で複数棟のベル鳴動を管理し、棟ごとに鳴動の制御ができるシステムです。これにより、非火災報による全棟一斉鳴動を抑制するとともに、火災時における過剰な混乱を防ぎます。(非常放送盤へ棟毎の火災確定信号の出力も可能です)■フレックスオートシステム(FAS)■受信機間ネットワークシステム■棟別火災管理機能東棟、西棟でそれぞれの館内のみの一斉鳴動ができます

元のページ  ../index.html#42

このブックを見る