赤外線式(防塵防水型)

赤外線式3波長炎検知器(防塵防水型)DRD1-W

  • 仕様・機器図
  • カタログ

粉塵や水蒸気、オイルミストなどの滞留が発生しやすい工場、文化財建造物などで、火災の早期発見に最適な炎検知器です。
炎が発する特徴的な3種類の波長を捉えて、離れた場所や横方向・斜め方向からでも火災を検知できる特長があります。
また、太陽光や高温熱源からの波長と識別することが可能です。

特長

屋外型
屋外を含め様々な場所での使用が可能
直射日光による温度上昇を抑えるための
専用耐候フード(オプション)が取付可能
自己診断機能
監視窓の汚れや内部回路の故障を一定時間毎に
自動でチェック
検知性能
正面位置、高さ約1mの炎に対して最大検知距離60m、視野角は100°(上下左右:各50°)

検知距離最大60m

 
オムニビュー*(リング式表示灯)
遠方からでも目視が容易な状態表示灯
*当社登録商標
オムニビュー
信頼性の高い“3波長”検知方式
3種類の赤外線センサで非火災報を低減
設置環境に合わせて感度調整が可能
監視対象物までの距離や設置環境に合わせて感度の調整が可能
保護等級
IP66(耐塵・耐水構造)
IP67(耐塵・防浸構造)

主な設置場所

・工場の生産ラインにおけるモーター駆動部やゴミピット・資材置き場など (発火のおそれがある場所)
・神社・寺院等の文化財建造物

設置例(工場の生産ラインの場合)

設置例(文化財の場合)

検知波長の種類

炎検知器の種類によって、検知する波長が異なります。

炎検知器名称検知する波長種類検知波長帯目的
2VA1-P(3)紫外線検知速度を重視
DRD1-W赤外線②・③・④粉塵や水蒸気、オイルミストが発生する場所
1RB-EW赤外線②・③防爆エリア、粉塵や水蒸気、オイルミストが発生する場所
2RVA1-W紫外線・赤外線①・②・③非火災報の低減を重視

※検知波長帯①、②、③、④は下図を参考にして下さい。

製品毎の検知波長の種類

▲ ページ先頭へ戻る

仕様・機器図

製品記号名称仕様・機器図
DRD-14A 赤外線式3波長炎検知器 耐候フード (屋外型) 詳細へ
DRD1-W 赤外線式3波長炎検知器 詳細へ

▲ ページ先頭へ戻る

カタログ

お問い合わせ

製品の仕様、リニューアルお見積のご用命など、お気軽にご相談ください。

WEBフォーム

ご質問・ご相談の内容によりフォームを選択してください。

  • 製品の仕様 お問い合わせ
  • メンテナンスご相談
  • リニューアルご相談
  • カタログ請求
  • その他お問い合わせ

お電話

お電話によるご質問・ご相談は最寄りの営業店で承ります。
国内営業拠点
▲ ページ先頭へ戻る