超高感度煙センサ(スタンドアローン型)

スタンドアローン型超高感度煙センサ NEM-912

  • 仕様・機器図

概要

一般居室に比べ数倍から数百倍の空調換気を行うクリーンルームやサーバルームなどでは、居室内で発生した煙は拡散希釈されるため、消防法の煙感知器では火災の初期検知は困難です。
このような環境下においても火災を早期検知し、一般煙感知器の最大2000 倍の煙感度を有するシステムです。
センサと監視盤の一体化を実現し、従来監視盤で行っていた機能をセンサ側で全て行えます。

特長

初期火災の早期発見
一般感知器に対し、最大2000 倍の感度を持つ
超高感度センサ
設置環境にあわせ6段階の感度設定が可能
高いメンテナンス性
内装機器をユニット構成とし、交換作業効率を向上
多彩な履歴機能
アラーム発生時の前後1時間分の煙濃度を記録する「アラームヒストリー」機能
火災や異常発生日時、煙濃度、気流値を記録
※内容の確認にはPCと専用ツールが必要
豊富な外部移信出力
アラーム代表信号、異常代表信号を各2 点装備
異なる出力先に移報信号を出力可能
例:防災センターと設備管理室など

表示・操作部

表示・操作部

システム構成例

システム構成例
システム構成例2

▲ ページ先頭へ戻る

仕様・機器図

製品記号名称仕様・機器図
912-PU NEM-912専用 AC電源ユニット 詳細へ
DCC4 NEM-912 表示制御パネル 詳細へ
NEM-912 超高感度煙センサー 詳細へ

▲ ページ先頭へ戻る

カタログ

該当するカタログがありませんでした。

お問い合わせ

製品の仕様、リニューアルお見積のご用命など、お気軽にご相談ください。

WEBフォーム

ご質問・ご相談の内容によりフォームを選択してください。

  • 製品の仕様 お問い合わせ
  • メンテナンスご相談
  • リニューアルご相談
  • カタログ請求
  • その他お問い合わせ

お電話

お電話によるご質問・ご相談は最寄りの営業店で承ります。
国内営業拠点
▲ ページ先頭へ戻る